夏服

日中はだいぶ暑くなってきましたね。
裏で客室の掃除をしているスタッフも汗だくになりながら作業をしています。
ちょっとかわいそうなので、制服の夏バージョンを作りました。

当店のイメージカラーである赤系のT-シャツです。汗を素早く吸収しサラリとした感触を保つといわれている素材を使ってあるものです。デザインは当店のロゴマークを創ってくれた福岡のJ社に頼みました。このデザイン事務所は私の高校時代の同級生がやっています。(一風堂NY店のロゴデザインとかを担当しました!)今回も色々と相談に乗ってくれて、なかなか良いものが出来たと思います。

これで裏方スタッフも快適に、バリバリ仕事がはかどる?ことでしょう。

亭主

今週のオススメ

紫苑の湯がオススメの季節になってきました。

露天のお庭に、この部屋のテーマカラーである「紫」の花が咲き出しました。
写真手前の花は、山紫陽花が咲き出しています。やや青っぽい花のようです。
奥には花菖蒲がまさに「紫苑色」とばかりに咲いています。

この”季節限定”紫苑の湯を楽しみに来られませんか?

亭主

こどもの日

untitled

今日は端午の節句(こどもの日)ですね。

5月5日は中国においては邪気を払い健康を祈願する日とされ、野に出て薬草を摘んだり、菖蒲(しょうぶ)酒を飲んだりする風習があったそうです。菖蒲は邪気を払う作用があると考えられていたので、現代の日本においても、菖蒲湯(菖蒲の束を浮かべた風呂)に入ることが季節の風物詩となっていますね。

当店でも菖蒲湯を楽しんでいただこうと、菖蒲の葉を用意しました。菖蒲湯にする、しないは、お客様のお好みで選べるように、ご案内の際にドライヤーの籠と一緒に菖蒲の束をお渡ししました。やはりほとんどのお客様が菖蒲湯にされているようですね。

こういうのもちょっと雰囲気が変わって楽しいと思いませんか?

亭主

ゴールデンウィークもいよいよ本番になってきましたね。昨日は少なかったのですが、今日は少し込み出していますので、明日からお休みの人が多いみたいですね。今年は天気もよさそうで楽しい連休になるのではないでしょうか。お出かけの帰りにでも一汗流しにお立ち寄り下さいね。

今日の夕方一息ついた時間に思わぬ訪問者がありました。事務所横の勝手口から一羽のツバメが入ってきたのです。そのうち出るだろうと思いしばらく見ていたのですが、受付棟の天井は高いのでなかなか出られないようでした。梁にとまって粗相をしだしたので、これはイカンということで追い出し作戦を決行しました。

ハシゴを架けて梁の上に登り、ツバメが低く飛ぶように追いますが、なかなか上手くいきません。それではと露天の掃除用の網を持ってきて捕まえようとしましたが、素早く飛び回り網に掛かりません。一度だけ網の中に入ったのですが、底が浅くてすぐに逃げられてしまいました。

30分程たったでしょうか。ツバメに少し変化が表れました。疲れてきたのかスピードが遅くなり出しました。ここはチャンスとばかりに更に追い立てると、急に失速しポトリと落ちてきました。すかさず押さえ込み捕獲成功!さすがに30分以上も飛び続けると体力の限界なんでしょうね。

写真(ちょっとブレててゴメンナサイ!)は千葉からご来店されたゆうさく君とたいすけ君。ツバメに興味津々、とても喜んで見ていらっしゃいました。この後、空に放す時は、「バイバ~イ」と元気よく声を掛け見送られていました。

亭主

記念日

本日は当店にとって記念すべき日になりました。昨年12月にオープンしてから10000組目のお客様を迎えることが出来ました。これもひとえに皆様のお蔭でございます。この場を借りてお礼申し上げます。有難うございます。今後もお引き立て頂きますよう重ねてお願い申し上げます。

さて、記念すべき10000組目のお客様は、本日初めてご来店のお客様でした。記念品を差し上げると、とても驚かれた様子でした。嫌がる?お客様を強引に説得し記念写真を撮らせて頂きました。節目のお客様というのも何かご縁、会員証を作って頂いたので今後も長いお付合いが出来ることと思います。

亭主

ツツジ

通路に植えてあるツツジがとても綺麗に咲いていたので写真に収めようと近づいたら、1箇所だけ違う色の花が咲いていました。
全体はキレイなピンク色なのですが、ちょうど真ん中位にある枝だけ真っ白な花を咲かせています。
そのコントラストの素晴らしさに、しばし見惚れてしまいました。

亭主

鯉のぼり

お店も5ヶ月目を向かえ、ようやく落ち着き出してきました。

しかし、裏を返せば変化がないということなのかと感じてきたので、今日の店休日を利用して鯉のぼりを飾ってみようと、実家の倉庫にあったのを引っ張り出してきました。

家紋の入った矢旗とおとうさん鯉、お母さん鯉を受付の中に泳がせてみました。
子供の鯉は~何処にいったのでしょうね?

亭主