翡翠の湯完成!!(おそらく)

Posted by 湯亭 上弦の月 | ブログ | 土曜日 31 1月 2009 11:03 AM

翡翠の湯

お待たせいたしました。
ついに翡翠の湯完成です!!

先日、バイパス工事をしたのは良かったのですが、お湯をかなりの量使いますのでオーバーフローが追いつかず、水位がかなり高くなっていました。
そこで新しくオーバーフロー口を作ってもらいました。
ついでに、給湯口の1つを湯壷の水面下に引き込み、下から熱いお湯を入れるようにしました。
これにより上下の温度差が少ないお風呂になると思います。

そうは言っても大きすぎるため他のお風呂より温めにはなってしまいます。
それを差し引いても入るのが楽しいお風呂ではないでしょうか。

私もまだ入ったことがないので、今から楽しみです。

亭主

翡翠の湯 緊急工事

Posted by 湯亭 上弦の月 | ブログ | 月曜日 26 1月 2009 9:18 PM

先日、完成したと書いていた翡翠の湯が緊急工事に入ることになりました。
明日から4日間は大露天風呂が使用できません。

若干の追加工事程度と思っていたのですが、抜本的な見直しを迫られ、思い切って着手することにしました。お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、早く完全な翡翠の湯を提供したいので、大特急でT社長に工事してもらいます。

今週末には完成し、お披露目出来ると思いますので、しばしご容赦を・・・。

Yahoo!の検索に「キター!!」

Posted by 湯亭 上弦の月 | ブログ | 月曜日 26 1月 2009 12:11 AM

昨日の夜は雪でした。結構大きめの雪がフワフワと降っていて、「今、露天風呂に浸かって空を眺めていると、気持ち良いだろうな~!」と思いつつ仕事をしていました。
入っていたお客様も思いがけない雪に喜んでいらっしゃいましたね。

当店のHPが、WEB検索してもなかなか掛からなかったのですが、「湯亭上弦の月」や「温泉 上弦の月」でトップに出てくるようになりました。
これでHPが見つからないという苦情は少なくなりそうです。

少し安心したとこで、ふと思ったのが「上弦の月」だけだったら何番目位に出てくるんだろうという疑問です。早速検索してみると938000件のHIT。
本物のお月様は当然だとして、ミュージシャンやラーメン屋は何回も出てきますが、当店は出てくる気配がありません。400位まで見たところで挫折しました。

出来ればもう少し上位にランクされるようなりたいですね。
どうすれば良いのか分かりませんが、皆様のご協力?お願い致します。

湯亭 上弦の月 ホームページアドレス

Posted by 湯亭 上弦の月 | ブログ | 月曜日 19 1月 2009 10:18 PM

http://www.jougennotsuki.com

特別室 翡翠の湯 完成!?

Posted by 湯亭 上弦の月 | ブログ | 土曜日 17 1月 2009 10:24 PM

特別室 翡翠の湯 完成!?

何人かのお客様から「完成はまだですか?」と言われていました
特別室-翡翠の湯がついに完成いたしました。
若干の追加工事は入りますが、とりあえずお客様にご利用いただけるようになりました。

とにかく、家族湯という概念を変えるくらいの大きな露天風呂が造りたかった私。とにかく要望を伝え、T造園の社長に仕事に掛かってもらったのですが、だんだん出来てくるのを見ていると、依頼したこと以上のものになってきています。
少し心配になってT社長に「すっごいお金掛かってそうですけど大丈夫ですか?」と尋ねたら
T社長曰く「これはゼニカネの問題じゃねぇもんな。俺の趣味たい!」
私以上に気合が入っているT社長でした。

そんなこんなで私のイメージを3倍位超えた素晴らしい露天風呂が出来ました。
が、しかし広すぎる為に湯壷の温度が冷めすぎるんですよね。
源泉44℃のお湯を入れても、一瞬にして34℃になってしまいます。
当初から予想はしていたのですが34℃は寒すぎます。

その欠点を改善すべく源泉からの直結バイパス工事を2日前に終え、
現在は39℃前後に安定してきました。
少しぬるめですがお時間は90分ありますので、ゆっくりと長湯して下さい。

T社長に「俺が仕事した○×旅館の大浴場の露天風呂を超えたな」と言わしめた露天風呂のある、
専有面積130㎡超の広々貸切湯をどうぞご利用下さい。

ご挨拶

Posted by 湯亭 上弦の月 | ブログ | 金曜日 9 1月 2009 8:52 PM

はじめまして。湯亭 上弦の月と申します。

当店は熊本県和水町にあります三加和温泉の貸切湯(家族湯)でございます。
昨年12月10日にオープンしたばかりのお店です。
まだ工事中のところなどあり、お客様にはご迷惑をお掛け致しますが
宜しくお願い致します。

亭主